エアコン豆知識42

de842eac-85ce-46d7-bebf-c5e4072fca40

2019年7月29日

今は、ほとんどの家にエアコンが設置されていると思います。じつはこのエアコンには、普通のエアコンと窓用エアコンの2種類あります。普通のエアコンは、通称壁掛けエアコンといわれるものです。壁掛けエアコンは、設置するときにエアコン工事といわれるものが必要となってきます。

 

一方で、窓用エアコンはエアコン工事の必要がなく、ご自分で取り付けることが可能になっています。このコラムでは、取り付け方法の紹介や取り付けるときの注意点、窓用エアコンを選ぶときのポイントなどを紹介しています。

 

窓用エアコンの設置を考えているかたは、このコラムを読んでいただいて自分にあったエアコンがどんなものなのかをみつけるためのお役に立てればと思います。

 

《窓用エアコンって?普通のエアコンとの違い》

 

近年、夏になるととても暑い日が続いていますよね。その暑い夏を乗り切るために必要不可欠なものが、エアコンではないでしょうか。窓用のエアコンと壁掛けエアコンには、どんな違いがあるのでしょうか。

 

《壁掛けエアコン》

 

このエアコンは、普段よく目にするタイプのエアコンです。エアコンと室外機がセットになっているもので、このふたつが揃ってはじめてエアコンとしての機能を発揮するのです。

 

壁掛けエアコンは、本体価格が比較的高いため、すぐに購入するということに抵抗のあるかたはいませんか。さらに、設置するときには設置費用やこの後に解説する工事も必要になることも考えられます。そうすると、だいたい10万円ほどかかる可能性があります。

 

壁かけ用のエアコンを設置するときには、ベランダに室外機が置けるスペースを確保しておきましょう。さらに、室外機から室内のエアコンをつなぐホースを通す穴が部屋の壁にあることが条件となります。

 

もしも、室外機からでているホースを通す穴をあけなければならない場合は、工事が必要になってきます。そのため、賃貸物件などで穴がない場合は勝手に工事をすることができないので、家主に相談しなければいけません。

 

壁掛け用エアコンは、冷房と暖房の両方が搭載されているため、夏場と冬場どちらの季節でも使用することができるため、壁掛け用エアコンが1台あれば1年間通して快適に生活することができます。

 

《窓用エアコン》

 

窓用エアコンは、エアコン本体を窓枠に取り付けるだけで使用できるので、室外機の設置が不要です。壁掛けエアコンは、状況次第でホースを通す穴をあけるエアコン工事が必要ですが、窓用の場合は工事不要なため、賃貸物件でも取り付けることが可能です。

 

窓枠に取り付けることで、窓の開閉ができなくなる不安もあると思います。しかし、窓用エアコンのサイズは窓片側の半分ほどのため開閉は可能です。さらに、窓用のエアコンは一人暮らしの小さな部屋用のものもあり、壁掛け用エアコンより価格が安いので購入しやすいです。工事の必要もないので、壁掛け用エアコンの半分くらいの価格で設置可能です。

 

また、壁掛け用と違い一定のパワーで出力するため、部屋を冷やしすぎてしまう注意が必要になるほど、冷却効果も期待できます。

 

壁掛けのエアコンと比べて窓用エアコンは電気代が高いという印象があります。窓用エアコンは、運転させると基本的に同じエネルギーのまま稼働してしまいます。そのため、壁掛け用エアコンと違い、電力調整が自動でおこなわれることがないことで、電気代が高くなってしまう可能性があります。

 

ご自宅でエアコンの設置を考えている人は、自分に最適なエアコンがどちらなのかを検討する材料にしてみてください。

 

【窓用エアコンはこんな人におすすめです!】

 

窓用エアコンの設置を考えているかたもいらっしゃると思いますが、どんなかたにおすすめなのでしょうか。窓用のエアコンというのは、自分での取り付けが可能な製品のため、一人暮らしのかたがおすすめユーザーになる印象が強くないですか?

 

しかし、窓用エアコンの使用方法では、おすすめできるかたの幅は大きく広がります。ここでは、窓用エアコンの使用方法からどんなかたに適しているのかを紹介していきます。参考にして、もし当てはまるようでしたら検討してみてはいかがでしょうか。

 

窓用エアコンは、室外機となるものがエアコン内部に備わっているので、室外機設置の心配がいりません。そのため、ご自宅にベランダなどがなく、エアコンの室外機を設置する場所がなくても問題ありません。建物の構造上、ベランダや室外機を置くスペースがなかったりすることもあるでしょう。
ベランダに室外機を設置できるスペースがあったとしても、窓が大きくて部屋に穴を作るスペースがないということもあります。そのときには、窓にはめ込むだけで設置できる窓用エアコンがおすすめです。

 

また、仕事の関係で引越しが多かったりするかたも、窓用エアコンを使ってみてはいかがでしょうか。窓用エアコンは簡単に取り外しができるので、引越しのたびに工事をする手間を省くことができるのでとても便利です。

 

窓用エアコンは、壁掛けエアコンと違い出力パワーが少ないため、一人暮らしのかたで部屋が広くないから、壁掛けエアコンのようなパワーを求めないかたもいるでしょう。そのときは、本体価格が壁掛けエアコンは高いため、窓用エアコンを選択してみるのはいかがですか?

 

以上で窓用エアコンの紹介を終了します。ぜひ参考にしてみてくださいね!!

RELEASE

<  一覧へ戻る