エアコン豆知識36

乾球温度と湿球温度

2019年5月29日

最近は夏のように暑いですねー!!そんな中で、エアコン冷房をつける方がおられると思います。今回は冷房の節電について紹介していきたいと思います。

 

■冷房の温度設定は『28℃』を目安にしましょう。
エアコンの設定温度は消費電力に大きく関わり、冷房時は設定温度を1℃上げると約10%の節電になるとされています。

 

■風量は『自動運転』にしましょう。
自動運転は、お部屋が冷えるまで「強風」、その後は「微風」という具合に、状況に応じて最適な運転モードを選んでくれるので、 ムダな電気消費量も減り、節電につながります。

 

■風向きは、『水平』にしましょう。
冷たい空気は部屋の下の方に溜まります。水平に風向きを調節して、冷たい空気が部屋の中を循環するようにしましょう。

 

■フィルターはこまめに掃除をしましょう。
フィルターにゴミやホコリが詰まると冷房効果が弱まり、部屋を冷やすのに多くの電力が必要となってしまします。2週間に1度を目安に、フィルターを水洗いするかほこりを掃除機で吸い取り掃除をすることで、約5%の節電になるといわれています。

 

■室外機のまわりに物を置いてふさがないようにしましょう。
室外機の周りに物を置くと放熱の妨げになり、その放熱した熱風を再び吸い込んでしまい、 熱交換がスムーズに行われずに冷房の効率が低下します

 

■室外機の日よけ対策をしましょう。
室外機が、直射日光が当たる場所にあると、高熱になってしまい、放熱の効率が下がってしまいます。室外機から離れた場所にすだれをかけるなどして室外機の日よけをすることをおすすめします。その際、吹き出し口をふさいでしまわないように注意しましょう。

 

【エアコンに関すること以外でも節電するとこができます】

 

■カーテンで太陽光を遮りましょう。
カーテンやブラインドで太陽光を遮断し、熱の出入りを防ぎます。

 

■緑のカーテンで日差しをカット!
ゴーヤやアサガオなどのつる性植物をネットに絡ませて、カーテンのように育てる緑のカーテンもおすすめです。太陽光を遮ってくれて、室温を下げる効果があります。育てる植物によって、花や実を楽しむこともできます。

 

■帰宅後はまず換気を!
帰宅後に部屋が熱気を帯びている場合は、まず窓を開け外に熱を逃してから、エアコンを入れるようにしましょう。

 

■部屋の空気を循環させましょう。
扇風機やサーキュレーターを使って、冷たい空気を循環させ、部屋の温度のムラをなくしましょう。
また、扇風機の風が直接体に当たることで体感温度が下がる効果もあります。

 

■窓やドアの開け閉めは少なめに。
外気が入ると、冷房の効果が悪くなり、余分な電力がかかってしまいます。

 

以上でエアコンの冷房の節電についての紹介を終わります!ぜひ参考にしてみてくださいね!

RELEASE

<  一覧へ戻る