エアコン豆知識13

9736c49c3afcf205c042c057f6b560b6_s

2018年11月21日

昨今、エアコンを洗浄するときに、市販されているエアコン洗浄スプレーを使われる方がおられると思いますが、あまりオススメはできません・・・(-_-;)

 

その理由は問題点が7つもあるからです。その7つの問題点を紹介していきたいと思います!

 

1つ目は、洗浄成分が内部に残ってしまう事・・・

 

エアコン掃除スプレーは、スプレーをするだけで、その後の水洗いをする必要もなく、雑巾でふき取ったりする必要もありません。しかもエアコン掃除薬剤がスプレーで強く噴射されるので表面だけでなく、内部まで薬剤が入ってくれます。それがとても便利なのですが、実は、水で洗い流さないので洗浄成分が、エアコン内部に残ってしまいカビが生えやすくなります!

 

2つ目は、カビが繁殖しやすくなる・・・

 

洗浄成分が内部に残ってしまうと、カビが余計に生えてエアコンを使うごとにカビをまき散らして、健康を損ねる原因にもなってしまいます。

 

3つ目は、汚れが固まってしまう・・・

 

洗浄成分が内部に残ってしまうことが原因でさらにデメリットが生じてしまいます。それは洗浄成分の部分に、汚れやホコリが付着して、かたまりになって内部に残ってしまうことがあります!プロでも落とすのが難しいような頑固な汚れになって、故障の原因にもなりかねません!

 

また、古いエアコンのタイプは、冷却フィンに汚れがこびりついていますので、スプレーでは歯が立たず、奥に残ってしまいます。

 

4つ目は換気をしないと気分が悪くなる・・・

 

締め切った状態でスプレーをすると、気分が悪くなってしまいます。

 

5つ目は、ビニールなどで養生(液だれを防ぐ)しなければならない・・・

 

スプレーは意外にも飛び散ったり、液だれしたりすることがあります。その薬剤がエアコンのそばの壁紙や、ブラインドやカーテンについてしまうと、色が変わったり、しみとして残ってしまうことがあります。

 

6つ目は目に薬剤が口や目に入ってしまう恐れがあること・・・

 

スプレーは飛び散りやすいことで、目に入ってしまう可能性も十分にあります。スプレーには、強力な洗浄成分と、カビ防止剤などの、人体に悪影響の成分がたくさん含まれています。もし、目に入った場合は、病院(眼科)に行ってください。

 

そして最後の7つ目は、エアコンによって使用できない・・・

 

スプレーはどの種類のエアコンにもつかえるわけではありません!カーエアコンや、天井埋め込みエアコン、天井吊り下げエアコンには使うことができません!また床置きタイプや、窓用エアコン、カバーが外せないエアコンにも使用することができないのです。

 

以上で、スプレーを使うよりも、エアコン洗浄のプロにしてもらったほうが、コスト的にお金はかかるかもしれません・・・ですが、その分、より安全で、なおかつ綺麗にすることができますので、ぜひ洗浄をするときは、私たちエアコンアシストのプロに是非お任せくださいね!

  • RELEASE
  • <  一覧へ戻る