エアコンの寿命について

ae27449655d97a52091974dee4564579_s

2018年12月3日

エアコンの寿命ってどのくらいかご存知でしょうか・・・?

 

エアコンメーカーは家庭用エアコンの平均寿命をおおよそ10年程度としている場合がほとんどです。メーカーは、エアコンがどのくらい使えるのか設計上の標準使用期間を設定しています。設計上の標準使用期間とは、安全に使用できる期間の目安になります。

 

実際には10年以上使える結果が出ていますが、安全に使用するためには10年が目安という事です。また、エアコンを修理などに使用する部品には保有期間と言うものがあります。この保有期間を過ぎると部品を製造しなくなるため部品がなくなり、部品交換などの修理が出来なくなってしまいます。

 

《確認の仕方》

室内のエアコンを下から見上げると、吹き出し口の下や横に設計上の標準使用期間が書かれたシールが貼られていることがあります。このシールで製造年を調べる事ができます。 

室内機にない場合には、製造年は室外機に書かれていることがあります。外の室外機の側面を確認してみてください。

家電は使いすぎても寿命を縮めてしまいますが、まったく使用しない期間が長く続くことでも壊れやすくなります。 久しぶりにスイッチを入れたら故障していた!なんて、経験がある人もいるでしょう。

時々、点検も兼ねて慣らし運転をすることで、故障を防ぐ事が出来る事もあります。

 

エアコンを長持ちさせたいときは、こまめに点検する事が秘訣ですね!

 

もし、不具合があれば!ぜひ「エアコンアシスト福岡」までお気軽にお問い合わせくださいね~!

【お問い合わせ先】

エアコンアシスト福岡

0120-555-280

8:00~21:00まで(土日祝日大歓迎♬)

  • RELEASE
  • <  一覧へ戻る